トラウマになった日, 流血事件, ビリーの本音を知った日 ウガンダ旅行

みなさんこんばんは!

今日も雨です、チェンマイ。雨だと道路が空いていて嬉しい!

ウガンダ旅行の続きです。

ウガンダはここです↓

ウガンダに来た目的、ゴリラに会えた後、

ナイル川ラフティングツアーへ参加しました。

この写真は後から起こる事件を知らずに浮かれてるけど飛べてない写真です(>ε<*)

ツアー会社の人がホテルまで迎えに来てくれバンに乗って目的地へ向かいます。

この日は朝から雨が降っていて肌寒い。。

早朝、バンに乗り込むと私達以外に中国人親子3人が座っていました。

お父さんはシャツにパンツ姿で(サラリーマン風)どうみてもラフティングへ行く感じではない(笑)

雨も降ってるし、お父さんの格好といい、ラフティングする気分じゃないなぁ・・・って思っていた私。テンション上がらない、、、

何より冷たい水が苦手なのでこの気候で水の中に入るなんて嫌。。。

ラフティングが始まる前に、注意事項、サインしたり、お茶を飲む時間がありました。その時に中国人のお父さんは「寒いからやるのやめようかな」なんてスタッフに相談していた。。

それでもなんとか説得され(人数足りなくなるからね^^)参加することにしたお父さん。

私もテンションを上げて楽しむことにしました^^

何度かラフティングをしたことはあるけれどグレード6は初めて。

グレードは1~6まであって、

ネットで調べてみると、

グレード1:最も簡単で危険度も低いレベル。水の流れは遅く、障害物は少ない。

グレード2:水の流れはまあまあ、でも早くはない。波は沢山あるがそれほど大きくない。

グレード3:沢山の波があり、大きさもラフティングのボートに影響を与えるパワーを持つ。カヤックなら当て方が悪いとすぐに転覆させられる大きさ

もしラフティングへ行く前にこれを知っていたら参加しなかった・・・

私は水が苦手で怖いのです^^;
私のレベルはグレード3でびびっちゃうくらいです^^;

グレード4:波は大きく、ラフティングのボートでも角度が悪いと簡単に転覆させられる。流れも早い。

(||| ̄▽)/アワワワワワ
グレード6はどうなっちゃうん!?

グレード5:下るのが極めて困難。波を大きくパワフルでボートをあっという間に転覆させるパワーを持っている

グレード6:見た目もうやばい^^; あかんやつ(笑)

写真では迫力が伝わらず残念ですけど物凄い迫力です。

半日かけて川を下り、激流は8回あるそうです。

下る前に、落ちた時、ボートがひっくり返った時の練習をしましょう。

「え、ひっくり返る練習したくない、、、寒い」
今すぐにやめたかったけどもうすでにボートの上。文句を言おうとしたけど隣でにこにこしてる誰かさん。。

今までラフティングをした時一度も落ちた時の練習なんてしたことがなかったから練習する=危険度が高いのかな?

スタッフは豪快にボートをひっくり返し、もしボートの中に閉じ込められた場合の練習をさせる

もし激流に流された場合のポーズのしかたなどを教わって川下りが始まりました。

激流に流される前にみんなで声掛けをして一致団結。

誰も放り出されることはなく流れに乗れた時はテンション上がるし、めっちゃワクワクします。

数回、激流を楽しんだ後事件は起こった(笑)

何が起きたのか分からない状態で気づけば川の中。

落ちる瞬間が写真に写っていました^^良い想い出だな~

もうね、まるで洗濯機の中に放り込まれた洋服の気分。

川の中に潜っては一度顔を出せたかと思えばまた川の中へ。。

私、水怖いんですけど、、(´Д`)

ぐるぐるぐるぐる回って、たくさんナイル川飲んでるよ^^;

なんとか水に流されながらもボートに戻ろうとする私。

でも後ろから引っ張られてる感じで、なかなかボートに辿り着かない。。気づけば中国人の息子さんが私に助けを求めてるのか、私を引っ張っていた(笑)

引っ張られながら、流され続ける私達。

救助してくれるスタッフがカヤックを漕ぎながら大声で叫ぶ。

「練習したようにして!!」

そうは言われても川の流れにビビってる中でなかなか出来ないもので冷静になれないんだよねww

スタッフに言われるままあーだこーだしているとなんとかボートにたどり着いた私と中国人の息子。

ボートに引き上げられると、息子さんが私の顔を指差して何か言いたそうな顔をしている。

私達は言葉の壁があって全くコミュニケーションがとれないのです。

心配そうな顔で私をみるスタッフ。それでも何が起きたのか気づいていない私(笑)

スタッフに渡された鏡を見ると、、、

流血!!!!(艸Д・。*)

目の上から血が流れて顎まで流血。

事件ですよ、奥さんっ!!!

鏡で血を見たとたん、気分がおかしくなる私(笑)

見るまでは何も気づいていなかったくせにね。。

普段、元気な人ってトラブル、病気になるとめっちゃ弱くなるんですよ。大袈裟に(笑)

まさに私がそうでもう人生が終わりそうな感じ(((´∀`)))

しかもここは川の上。今すぐにボートから降りたいけどおりたところで車はいないし、どうするって感じ。

激流はまだ5回以上残ってる。

ところでビリーはいうと、ボートから落ちずに済んだ!!

何でや!?(怒

「重たい人のほうが落ちやすいんじゃないの?」(笑)

私は救助ボートに乗りながら、流血しながら遠くに見えるビリーに向かって叫んだ。けど波の音で声は届かず。

ジェスチャーで伝えようとするも、遠くに見えるビリーは何故かにこにこしていて「大丈夫、大丈夫」と親指をたてている。

(大丈夫じゃないけど!!!)

後から分かったんだけど、ビリーが大丈夫って言っていたのはカメラのこと(*´艸`)

アフリカ旅行の為に、新しくゴープロを買ってきた私達。ゴープロを心配していたみたい(*´艸`)

パートナーより、ゴープロか!(*´艸`)

私が騒いでいたのはゴープロを無くしたと思っていたようで。

救助ボートとビリーが乗っているボートが近くなると状況が見えてきたみたいで焦るビリー(*´艸`)

私は血が止まるまで、貞子になっていました(*´艸`)

流血してからもうテンションは上がらずどうにかラフティングが無事に終わることだけを考えてた(笑)

無事にゴールまでたどり着いて、応急処置をしてもらった。

とはいっても消毒して、これ以上傷が広がらないように強力なバンドエイドをつけてもらっただけ。

頭いたくなってきて元気がないけど食欲だけはあるので、夜は大好きな中華へ連れていってくれました。

今日はもう遅いので明日病院へ行こう!

翌日、病院へ。

でも大きな病気ではないので地元の人が行くクリニックを探しました。

今いるタイでもそうだけど大きな病院は時間もかかるし、余計な診察が多く、何より高い。

なのでたいした病気でない場合、クリニックへ行きます。

ドクターの第一印象でなんとなくここは大丈夫!って分かる。

ただの直感で決めてます(笑)

注射を打ってもらい、お会計500円くらいだった^^

この日はホテルでゆっくり休みました。

でも本当に良かった、もし少しずれていたら、、、、

パドルが目に刺さっていたかもしれません。

本当に本当にラッキーです(v^ー゚)

怪我をしてバンドエイドを付けながら旅行している時、

地元の人に「旦那に殴られたのか?」って声をかけられたりして面白かった(笑)

帰国してすぐに会った友人は突っ込んでくれないので自分から言ったら「どうしたのかなーって思った」って言われたり。突っ込んでよ!!

傷跡が気になるから友人に相談したら、「そのままタトゥーを入れちゃえば?」とか、「傷かっこいい」って言われたり。

一応、女なので気になる傷跡。

今は少しずつ薄くなってきている傷。ノイさんのスパで治療中です^^

恐るべし、ナイル川ラフティング

ナイル川のお土産はたっくさんの川水をお腹に入れて持って帰ってきました(v^ー゚)

ナイル川、お腹いっぱい(≧ε≦)

FBにアップした時に気をつけてねってメッセージをもらったけど気をつけようがありま千円(笑)
危険な場所は気にかけてるけどこればっかりはねぇ、、(≧ε≦)
楽しむためにはある程度リスクはあるよね。
やるかやらないかは自分次第。

貴重なあなたの時間を使って読んでくれてありがとうございます。
またね(*^_^*)
いいね!と思ったら是非シェアを↓↓↓


Booking.com

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です