ネパールトレッキング中の食事と費用など。

みなさんこんにちは☆

日本は3連休ですね^^

トレッキング中に食べたものをご紹介します。

朝食が終わり、歩きはじめて途中のティータイムでランチのオーダーをします。

私達のツアー人数は少なかったものの、ピークシーズンは20人~30人。事前にランチオーダーすることで、早めからの準備が出来るし、

ティータイムを終えて、ランチをする場所まで歩いたらすぐにランチが出てくるという手際の良さ^^

食事は毎回事前オーダーです。

ネパールトレッキングでの楽しみは食!^^

私はつねに次に食べることばかり考えていました(笑)

メニューの種類が多いことにびっくり!

最近行ったのがキリマンジャロだから、キリマンジャロ登山と比べてしまうけど、

ネパールでは食のストレスはありません^^

友人はフルーツが食べたい!!って食に飽き飽きしていたけど、私は滅多に(1ヶ月に1回食べるくらい)フルーツを食べないので問題なし。(南国に住んでいるのに勿体無いよね、、)

トレッキング中のメニューは、私の大好きな炭水化物天国^^

野菜もあまりないので(私は嬉しいけど^^)身体には良くないかもしれません。。

私が何度も食べた朝食。

チャパティと卵

卵の上にネパールの辛いソースをかけて、くるくる巻いて食べました^^

キリマンジャロ登山では辛いソースもなかったけど、ネパールではソースも数種類あったので持参していく必要なし^^

朝からチベタンブレッドとカレー

朝から登ると分かる日は、トマトスープとゆで卵

私の場合、朝から登りで炭水化物を食べると歩けない。。笑

他のメンバーは決まってフレンチトーストとか、イングリッシュブレックファストなどを食べていたけど、私は一度も食べなかったなぁ・・・

朝からカレーとか、ゆで卵だけとか、いつもみんなと違うものをオーダーしていた(笑)

スープも数種類ありました。トマト、トマト卵、マッシュルームなど。

二人ともランチで1番良く食べたのがダルバート。

ダルバートはネパールの一般的な家庭料理。

ダル(daal=豆スープ)バート(bhaat=米飯)この他におかずが付いてきます。

ダルバートの良いところはおかわり自由(笑)

スープもお米もどんどん持ってきてくれるので1プレートでお腹いっぱいにならない私達には嬉しいダルバートでした^^

あとダルバートの良いところはメニューの中で1番栄養がとれること。

チャーハンを頼んだら野菜がほとんど入っていない米だけだし、パンケーキでもパンケーキだけなので、少しずつおかずを味わえるダルバートはお気に入りでした^^

卵カレー

「違うのがいいんじゃない?」と言う誰かさんのアドバイスを無視して、
試しに頼んで失敗したチャーハン。

我が家ではあまりシェアをすることがなくなりました。

何故かと言うと、私が自分で選んだものでも、もしビリーのが美味しいのをオーダーした時、私がいいとこ取りをするから(笑)

チャーハンはアフリカ飯に比べたらとても美味しいけれど、具は少なく米が多すぎ。

お次は麺類。

ダントツ1位の辛ラーメン

標高が高いと値段が上がるので、1番高くて600円もしました^^;

お金を出せば色々食べれるのもエベレストトレッキングの良いところ◎

山の中とは思えないほど便利です。

写真にはないけど辛ラーメン+卵は最高です^^

私はお米が好きだけど、麺も同じくらい好き^^

日本へ帰国すると、1番良く外食するのがラーメン屋(*´艸`)

辛ラーメンがなくて、ネパールの麺をオーダーした時。

卵も普通に落として欲しかったのに、、、おしいっ!

乾麺をオーダーすると、普通のミールより量が少なめです(私の場合^^;)
なので麺+白米を食べました(笑)

チベット圏で食べられるトゥクパ

うどんに似たような麺

失敗しないのはダルバートと分かっていても、色々試したくなる私。炒めた麺も微妙でした。。

見た目が良いのは追加で温野菜+卵をオーダー。

この2つがなければ本当に具がない(笑)

温野菜がメニューにあったのはたったの1回だけ。

ネパール料理の定番、モモもあります^^

たまに無性に食べたくなるフレンチフライ^^

フレンチフライにはマヨネーズでしょ!

残念ながらマヨネーズはありま千円(*´艸`)

みんなも絶賛した、スニッカーズロール^^

スニッカーズ1本をまるまる揚げたもの
これが美味しい\(^O^)/

1日の山登りはだいたい15:00くらいには到着します。

高度順応しない時は暇なので私達はよく宿以外のベーカリーで読書とケーキ^^

普段、忙しすぎて全く読書をする時間がないビリー。

ここぞとばかりにずーーーーっと本を読んでいて嬉しそうでした^^

ずっと経済の本を読み続けていて、またー?と思ったけど、ビリーが本当に勉強熱心だからこそ、今の仕事、ビットコインで成功しているのでこれからは読書について突っ込むのをやめようと思います^^

空港で必ず立ち寄る本屋。毎回読めないのにどんどん家にたまる経済本
「読んでないのにまた買うの?」とついつい口に出ちゃって、毎度「読む時間がないんだよ」と返ってくる。

でもつい最近の旅行で、「好きなだけ買ってね」って言ったらめっちゃ喜んでたビリー。二冊買ってきたビリー^^

山の中で作ったと思えないほど美味しかったし、コーヒーも本格的です^^

料理の値段は、細かく覚えていないけど標高が高くなるにつれて値上がり。

最初の方では1ミール、200円~400円

1番高い場所で500円~800円

飲み物は低い場所で100円~200円

高い場所で300円~500円くらいです。

インスタントコーヒー、本格的なコーヒー、エスプレッソもあります。

私はお茶パックを2週間分持参したので、お湯代50円でした。(1番高くて100円)

1杯1杯は高く感じないけどトータルすると結構使っているので、お茶パック、コーヒーの粉を持参するのがおすすめです^^

あと私のおすすめ、必ず持っていくインスタント味噌汁。

山の中でお味噌汁を飲むと本当に元気になってホッとする身体に染み付いた味

僻地で飲むお味噌汁は格別^^

ちなみに私は山登りではなくても持っていきます(*´艸`)

荷物に余裕があればカップ麺を持参しても良かったかも^^

美味しいし、節約になるしね^^

あとスナックで私が必ず持っていくのはドライフルーツ。

フルーツは滅多に食べないって書いたけど、山登りする時にドライフルーツが良い^^

私達がよく頼んだポットティー
ポット小、中、大があって私達はいつも大

こんなに大きくても400円~800円なのでお得です^^

一日歩き終えた後は、時間がたっぷりあるのでジンジャーティーをポットで頼むことが多かった。

飲みきれない時、翌朝にまた飲めるという嬉しさ^^

キリマンジャロ登山の時に大活躍した、右のサーモス

キリマンジャロでは寒いテント泊だったので、夜にお湯をいれてもらい、朝起きてもまだアッツアツのお湯を飲めるという嬉しさ^^

登山初心者の私達は登山の持ち物がまだよく分かりません。

キリマンジャロで便利だったからと、カトマンズで買った水筒↑↑左の黒い方。

サーモスをチェンマイの家に忘れてきたので2つも買ったけど1度も使わなかった・・(無駄になってしまいました。。)

サーモスの水筒は本当に便利です。山登りではなく、旅行へ行く時、バッグにいれておくと、空港でペットボトルを回収された後に、水飲み場でお水を入れることが出来ます。

空港のお水は高いからね。

1日に最低2リットルは飲まないといけないお水。

最初はペットボトルのお水が100円だったけど、200円、300円と値上がりしていくので大活躍したタブレット↓↓

カトマンズのアウトドアのお店で購入しました。

ツアーの料金は、1人1,300ドル(15万円くらい)

飲食代、チップは別料金です。この金額はピークシーズンになるギリギリ前の価格で、ピークシーズンはこの価格+3万円ほど。

飲食代は細かく計算していないけどだいたい2人で10万円くらいかかりました。

他にジャケット、水筒、手袋など必要なものを購入してトータル50万円くらいだと思います。

私達が参加したツアー、 G Adventuresです。
ヒマラヤ最終日、ルクラで食べたエベレストバーガー(ヤクのお肉)

美味しかった!^^

貴重なあなたの時間を使って読んでくれてありがとうございます。
またね(*^_^*)
いいね!と思ったら是非シェアを↓↓↓


Booking.com

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です