念願の済州島へ 大好きだけど住みたくない国(笑)

みなさんこんにちは!

もうすぐ2019年ともさよならですね。

みなさんにとって2019年はどんな年でしたか?

私は百名山を目指して、山に登るようになり2019年は1番山へ行った気がします。そしてここ数年で(5年くらい)体重と体脂肪が1番落ちているという嬉しい結果。

食事を見直して減量を始めた3ヶ月前。

身体が軽くなると山登りも楽だし、何より気持ちが良い。

私は本当に食べることが好きなので健康をキープするのは難しいですが来年も健康に気をつけていきたいと思います。

10月26日

念願の済州島へ行ってきました^^

ある日、見ていた池上彰さんの日韓関係の悪化の番組で、「日韓関係が悪いなら航空券が安いかも」とたまたまチケットを調べたのが始まり(笑)

それがまんまと当たり、いつもならチェジュ島往復券が5万以上するところ(ソウルまでは格安航空券があるけれど、ソウルーチェジュ島は高い)なんと1人往復1.5万円。しかも東京から直行便という嬉しさ(*・∀・*)

これは済州島に呼ばれてるよね!といきなり済州島行きが決定したのでした\(^O^)/

ずっと行きたかったけど、高くて往復1人5万以上出してまでは行く気がなく、なんとなく行くチャンスを逃していたのでした。

念願の済州島旅行の始まりです^^

済州島へ行きたかった私の理由は、済州島の黒豚が大好物という食いしん坊の理由だけです(*´艸`)

なので今回の済州島旅行の目的は、食い倒れと韓国で1番高い山、漢拏山(ハンラ山)に登ること。

済州島に着いたらレンタカーで出発。

済州島って、つい最近行った北海道の利尻島みたいに小さな島かと思いこんでいた私。着いてびっくり!!かなりの都会で、想像していた”島”とは全然違いました(汗)

慣れない左ハンドル運転に最初からドキドキしてテンション上がりっぱなし^^

日本での運転は慣れてきたので、私が運転して隣の助手席でビリーがパソコン使うことがあるけれど、済州島では「ずっとナビしてね」とお願いしました^^

ラブランドへ行ったり、市場へ行ったり市内観光しました。
夜はタクシーで、調べてきたお刺身が美味しいお店へ。

韓国のお刺身は、醤油を付けるのとは違い、コチュジャンを食べて頂きます^^
あ~幸せ♡

韓国の焼酎ってなんでくいくい飲めちゃうんだろうね^^

二人共、布団派なので市内ではベストウエスタンのオンドル部屋を予約しました^^

オンドル部屋はベットよりも広くて快適^^

翌日は朝から漢拏山へ。たまたまやりとりしていたインスタグラムのフォローワーから連絡を頂き、一緒に登ることになった漢拏山。彼はソウルから済州島に来てくれました^^

Davidも同じく山登りが好きでよく登っています。漢拏山の登山口で待ち合わせをして登山スタート。

Davidと初めましてだけどインスタでよく見ているので昔から知り合いのような感じでした^^

ちょうど紅葉の季節だったのでとても綺麗でした。しかも快晴!!\(^O^)/

途中休憩では、Davidが持ってきてくれたみかんを食べたり。

済州島の名物、みかん。Davidがわざわざ買ってきてくれてすごく気を遣ってくれる方だなぁ・・と思いました。

もちろん人にもよるけれど私は韓国人と日本人って性格が合うと思う。

気を遣いながらはっきり言うことは言う。

日本人よりも韓国人のが気の強い人が多いと思うけど(私が出会った人の中で)私はすごく好き。韓国人は何でもはっきり言ってくれるので気持ちが良い。

一緒に登山って、登るペースが違うとお互いストレスになったりすることがあるけれど(しかも初対面^^)Davidの場合私達が先に山頂まで歩いたりして、お互いマイペースだったのが良かったと思う。

漢拏山は韓国で1番高い山で気軽に来れるので人気があります。

山頂の混雑っぷりに驚きました(笑)
記念撮影をするのに30分以上待ち(´3`)

私達が先に着いたのでDavidが来るまで並んでいました。

無事、漢拏山に登頂しました(^o^)v

Davidは今日中にソウルへ戻る予定なので、あまりゆっくりする時間がなく、記念撮影の待ち時間に交互にランチをしました(*´艸`)

ランチはDavidが持ってきてくれた韓国のおにぎり

ビリーはあまり白米を好まないし、おにぎりもそこまで好きではないのに韓国のおにぎりは美味しいらしい(*´艸`)

多分、日本のおにぎりは中心にしか味がないからかな。

ごまの香りと、あちこちに入ってる海苔とお肉が美味しかった。

記念撮影をした後はサクッと下山してお互いシャワーを浴びた後、レストランで待ち合わせをすることにしました。

山頂でのんびりしなかったので夜はDavidのフライトの時間ぎりぎりまでお疲れ山縁(ノ´▽`)ノ

私が黒豚を食べたかったので(滞在中、二回も食べた(*´艸`))待ち合わせのレストランへ行くとDavidが先に注文をしてくれるという完璧な縁のスタート。

山登りの後のご飯、お酒ってなんでこんなにも美味しいんだろうね。

フライトの時間があるので、Davidは先に空港へ。

またいつか一緒に登山できる日を楽しみに。

私達はその後も飲み続け、ナイトマーケットへ行き更に食い倒れを満喫しました^^

翌日もハイキングをしたり、行きたかったスタバへ行ったり。

こんなにたくさんの鮑を食べたことないよってほど沢山で安い鮑を食べたりしました。

私もビリーも日本食より韓国料理が好き。韓国に一ヶ月住んだことがあるのですが、韓国が大好きだけど住みたくない理由。

それは韓国料理が好きすぎて、食事制限出来ずに確実に太る!!(笑)

日本では普段、白米を好まない食べないビリーも何故か韓国料理ではオン・the・ライスをする(*´艸`)

キムチも、焼酎も好きだし、韓国のサウナ(チムジルバン)も好き。

久しぶりの韓国旅行は食べたいものが多すぎて、選ぶのに大変でした(笑)

最終日は素敵なホテルへ

温水プールで快適です^^

沢山満喫したのにまだ帰りたくなくて、帰りのフライトを変更するかしばらく二人で悩みました(笑)

「もうしばらく、もしかしたら二度とこないかもしれないよー」

「延長しちゃう?」

私達はよっぽどのことがない限り、同じ国へは行かないことが多い。格安チケットがあったり経由地だと別だけど、世界は広すぎて、見たい場所が多い為。

「ソウルには確実に行くけど、済州島には来るチャンスないから延長しよっか?」

「・・・でも太るの決定だよね、、、」

「朝走って、仕事して、夜は美味しい韓国料理とか・・」

パソコンを持ってきているので仕事が出来る。しかもフライト変更がたったの2,000円くらいだったので、悩みに悩んだ挙げ句、帰国することに決定。

それは滞在を延ばしたら太るという理由です(*´艸`)

弾丸チェジュ島旅行終わり!

帰るころには運転にも慣れて高速も楽しくなりました^^

やっぱり島っていいなーーー(・∀・)

帰国したら3kくらい増加してました(笑)

貴重なあなたの時間を使って読んでくれてありがとうございます。
またね(*^_^*)
いいね!と思ったら是非シェアを↓↓↓


Booking.com

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です