何も考えずに来ちゃった,キリマンジャロ登山2017

みなさんこんにちは

最近好きな居酒屋、ゴロー。

海のないチェンマイでこんなに美味しいウニが食べれるとは^^

ゴローは日本からお魚が届くとすぐに!売り切れてしまうので早速ウニを食べに行ってきました^^

大興奮でFBに載せたけど興奮しているのは私だけで日本だとウニが食べれるのは普通のことだよね(*´艸`)

シャッチョサーン、またお願いします。hehehe
20708131_10155704908549374_7009761864563928921_n

それではアフリカ記事に戻ります。

サファリ7日間ツアーが終了しました。
私達が行った国立公園は4つ、タランギレ、ンゴロンゴロ、セレンゲティ、マニヤラ湖です。

サファリツアーの後は、今回のアフリカ旅行のメイン、キリマンジャロ登山です。
サファリツアーではほとんど動かず、座って食べて寝るだけの生活をしていたので歩けるか心配・・・笑

本当なら登山の後にサファリへ行きたかったけど友人との都合で先になった。

サファリツアーが終わった翌日に、タイから友人がタンザニアに到着しました。

早速、明日から出発するキリマンジャロ登山に向けて準備スタート

日本から購入してきたダッフルバッグに詰めていきます。

IMG_3522

このダッフルバッグ、お店で買うか買わないか2人でかなり悩んだバッグ。
でも買って大正解です。

予算外で少し高かったけど、何より良いのは小さく折りたためるのが便利です。
ガバッと開くので物の出し入れも簡単^^

アフリカにはスーツケース、このダッフルバッグ、バックパックを持ってきました。スーツケースはホテルに預けます。ダッフルバッグはポーターに預けて運んでもらいます。

2人のガイドが私達の部屋へ来て、念入りに荷物チェック。

めっちゃ細かく見てくれているのがしっかりしていて良いなぁって思った。
IMG_3533

せっかく閉まったけどこの通り、荷物チェックでぐっちゃぐちゃになりました(*´艸`)

IMG_3531

化粧、洗面用具は忘れたけど、他に日本からしっかり持ってきたもの、おすだけベープ^^

キリマンジャロでは標高が高くて蚊はいなかったけど、サファリ、登山後のザンジバル旅行で大活躍です。

普段、虫よけとか付けるのが嫌で(臭いが)ほとんど付けずにハイキングをしていたらついこの間、チェンマイで2週間くらい前に初めて蜂に刺されて、足が二倍の太さになり更に熱が出てあわてて病院へいったという蜂事件がありました(笑)
蜂に刺されたくらいで病院(笑)って笑えるけどどんどん太くなるし腫れがひかなく笑えなくなってきました。
それからは虫除けスプレーをたくさん付けるようになったごきぶりダンスです(*´艸`)

食べ物はそんなにいらないんじゃないの?って誰かさんに注意されるくらい色々詰め込みました(笑)

寒い中、お味噌汁が飲めたら辛くなった時も元気出るだろうなぁ・・・とお味噌汁と、たまごスープを大量に持っていきました。

スープはサファリでも大活躍でガイドも喜んでいました^^

アマノフーズ様様です^^

他にはカシューナッツ、マカデミアナッツ、タイでたくさん買ってきたドライマンゴーなどなど。

冬服の準備もばっちりです。
ダウンジャケットはツアーで無料で借りることが出来ました。

数年前に高い山(パプアニューギニアの5,000mくらいの山)に登ったときなんて、若さゆえにダウンジャケットすらなくて特別な冬服がないまま気合で登った想い出があるんだけど、今考えると恐ろしすぎる・・・
山のこと何も考えていなかったな。
もうあの頃の体力はないし、40代にもなると身体のこと考えすぎて困る・・笑

キリマンジャロ登山ルートはいくつかある中で、私達が選んだのは時間をかけてゆっくり高度順応しながら登るレモショルート。

レモショルートは時間がかかりますが景色の移り変わりが1番楽しめるルート、そして何より他のルートに比べて人が少ないことが魅力的。

map

早速ミニバンに乗り込んで、キリマンジャロ登山の入り口へ出発!

これから高山病になるとは思いもせずスタートはワクワクとドキドキで笑顔♪♪
IMG_3542

DSC08978

ここで小さな問題発生。

レモショルートへ行くまでの道路が工事中で、通れないんですって(笑)予定より工事が遅れていて、この道はまだ使えないという・・
DSC08974

スタート地点は違うゲートを使うことになりました。

W「嬉しいなぁ・・・、歩くのが短くなるってことだよね!?」

B「でもその分、高山病になりやすくなるよ」

出発前にお水を1人3リットルもらいます。

高山病を防ぐために、1日最低3リットルの水を飲まなくてはいけないのです。

キリマンジャロ登山は高い山だけど、初心者でも体力さえあれば登れる山

荷物はポーターが持ってくれるので(重さの制限あり)
私達はデイバッグを持つだけで良し!

と思っていたんだけどね、デイバッグ+お水2リットル~3リットルを持たなくてはいけません。。

もし体調に問題が出た場合、タンカーで運んでくれます。
登れるか不安だったけど少し安心した。

DSC08975

私はお水を飲むのが苦手で普段からほとんどお水を飲みません。。

私と違ってビリーはとにかく気づけば水を飲んでる人(笑)

友人もお水が苦手。。

初日のランチ

サファリツアーと同じランチだ・・(*´艸`)
DSC08976

4人とも残すものが同じようなもの(笑)
サンドの中身はたっぷりマーガリン^^;

マーガリンサンドって初めてみたよ(笑)
DSC08977

私達が食事を頂いている時にポーター達が準備をしてくれていました。

荷物の重さじゃなくてみんな体重をはかっていました^^
DSC08986

私達4人の他にガイド2人、コック、ウエイター、ポーターなどを合わせてなんと17人のヘルパー!

何人来るか知らなかった私達は大人数を見てびっくり。

「チップが大変なことになりそうだね。」と4人でこそこそ話しをしました(笑)
DSC08993

DSC08983

DSC09038

キリマンジャロ登山がスタートしました。

歩いている途中に何度もお水休憩があり、「お水飲んで~」とお水を飲むように言われます。

高山病にならないようにするにはお水を飲むことらしいので、私は言われたままにとにかく苦しくなってもお水を飲みきりました。

お水を飲むのはいいけれど問題はトイレです。

登山中のトイレはその辺でして、(青空トイレ)使い終えたトイレットペーパーはそのまま捨てるという豪快さ(笑)

アフリカ、これでいいの?笑

お水を飲みすぎているので頻繁にトイレに行きたくなります。
青空トイレは好きだからいいけど困るのはみんな一緒に歩いているので誰かがトイレへ行くときはみんな一緒に休憩します。私はトイレが近いので何度もみんなの足をとめてしまうことが気になっていました。

友人はお水をたくさん飲めませんでした。。

高山病が始まったか・・・!?

続く

貴重なあなたの時間を使って読んでくれてありがとうございます。
またね(*^_^*)
いいね!と思ったら是非シェアを↓↓↓


Booking.com

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です